スタッフ紹介

事業部長 株式会社ライブフードプロデュース
外食事業部部長
木村 元彦 年齢:40歳
Kimura Motohiko
好きな言葉 NEVER GIVE UP
お客様の満足が自分の満足に
たくさんの「ありがとう!」が
詰まっている店舗をつくります
19歳でバーテンダーの世界に飛び込み、レストランバーに勤務。
22歳でアミューズメント会社に入社したが、飲食業を捨てきれず半年で退社。その後バーテンダースクールに通いながら、飲食店でアルバイト。卒業後、大手チェーンのダイニングバーに正社員として勤務し、統括チーフバーテンダーの職に就く。

Q1ライブフードプロデュースを選んだ理由

小林社長が独立する時に声を掛けていただきました。当時は海老名での出店ということで、まるで知らない土地だったので不安が多く、一度はお断りさせていただきました。オープンから半年経った頃、たまたまお店を訪れたら、昔からは想像が出来ないほど生き生きと接客している小林社長と、お店の営業状況を拝見し、自分もここで働きたいと言う気持ちが膨らみました。そして、今度はこちらからお願いして入社させていただきました。

Q2実際に勤めてどうだったか?

大手チェーンでは学べないくらいの経験をつむことが出来ました。
実際の営業でのお客様満足度の上げ方、またそれが自分の喜びに変わり、心からお客様に楽しんでいただきたい!と言う気持ちを常に持てるようになりました。
自己満足ではなく、お客様の満足が自分の満足に繋がるという気持ちが当たり前になりました。また、予算の立て方から、経営管理までを学ぶことが出来ています。

Q3現在にいたるまでの経緯(キャリアアップ)

合点海老名店のチーフバーテンダー、合点HON-ATSUGI店の店長、GINZAきなりや合点の店長職を経て、合点海老名店のマネージャーに昇格。その後、合点グループのマネージャーになり、現在はライブフードプロデュースの居酒屋事業部部長に就任。

Q4今後の目標(ヴィジョン)

3年以内に3店舗出店が目標です。
和風居酒屋という業態にとらわれず、店長または料理長が希望する店舗を作り、スタッフ全員が誇りを持って働ける環境を構築し、たくさんのお客様に喜んでいただける空間を創ります。また、その地域に貢献しながら、飲料文化発展に務めます。

Q5求職者へのメッセージ

飲食業には、たくさんの「ありがとう!」が詰まっています。
お客様に喜んでいただけたときの「ありがとう!」
美味しかったよ!また来るね!と言っていただいたときの「ありがとう!」
仲間に助けてもらったときの「ありがとう!」

そんな素晴らしい飲食店で一緒に「ありがとう!」をいっぱい感じましょう。

こんな事も聞いてみました!

仕事で1番失敗した事は何ですか?仕事で1番嬉しかった事は何ですか?
成功か成長しかないと思っています。嬉しかった事は誕生日に大勢のお客様からお祝いしていただいたこと。
誰も負けないと誇れるモノは?
雰囲気作りです。
仕事をする上で1番大事にしている事は何ですか?後輩を育てていく上で大切にしていることは?
優先順位をつけることです。後輩には軸(お客様に喜ばれること)はブレないようにと教えています。
会社の好きなところは?逆に嫌な(変えたい)ところは?
何でも挑戦させてくれるところです。誰もが長期の休暇を取れる環境に変えたいです。
小林社長(会長)はどんな人ですか?
全社員と心から向き合ってくれる人です。
社内(店舗)イベントなどはありますか?研修制度は充実していますか?
全社員対象の年2回のレクリエーションがあります。行けてません。研修制度は確立できていないので、これから充実させます。
休日の過ごし方を教えてください。また仕事とプライベートを両立させるコツなんてありますか?
家族と過ごします。両立させるコツは、プライベートに仕事を持ち込まないことです。
プライベートでの目標などはありますか?
いつまでも円満な家庭です。
  • 代表取締役 安藤 政光
  • 銀のさら古淵店 店長兼トレーナー 飛澤 雄介
  • マネージャー 鈴木 大輔
  • 合点じんのすけ 店長 高原 仁
  • 居酒屋事業部 マネージャー 井下田 将信
  • 居酒屋事業部長 木村 元彦
  • けん蛍田店 店長 萩原 崇
  • Dr.ストレッチ 清野店長 高橋店長
PAGETOP
  • 経営理念
  • グループ会社
  • キャリアアップ支援
  • ライブ・フード・プロデュース求人サイト
  • 店舗紹介
  • 会社案内
ライブフードプロデュースはノジマステラのサポートスポンサーです。
ライブフードプロデュースは西京春馬選手のメインスポンサーです。
各種お問い合わせは046-236-6123